募集要項 | IMLEX 光イメージング情報学 国際修士プログラム

文字サイズ
日本語 English

募集要項

令和3(2021)年度近未来クロスリアリティ技術を牽引する
光イメージング情報学国際修士(IMLEX)プログラム募集要項

1.プログラムの概要と目的

近未来クロスリアリティ技術を牽引する光イメージング情報学国際修士プログラム (IMLEX: Imaging and Light in Extended Reality)は,2年半の修士プログラムとして,人の知識・経験・能力を拡張するクロスリアリティ技術(拡張現実,XR)を創造し,操ることができる人材を目指し,その基盤技術であるイメージング,ライティング,およびコンピュータレンダリングを含む情報技術を組み合わせた専門分野における学際的かつ革新的なプログラムを履修する。

IMLEXは,本学と東フィンランド大学(フィンランド),ルーヴェン・カトリック大学(ベルギー),サンテティエンヌ ジャン・モネ大学(フランス)の4大学によるコンソーシアムによって実施される。さらに,宇都宮大学および千葉大学がアソシエートパートナーとして,また,日欧のリーディング企業が産業界パートナーとして本プログラムに参画している国際的な産学連携を伴うプログラムである。

2.専攻

下記の大学の3大学に所属する。

  1. 豊橋技術科学大学大学院工学研究科情報・知能工学専攻(Department of Computer Science and Engineering)
  2. 東フィンランド大学大学院(School of Computing)
  3. ルーヴェン・カトリック大学大学院(Faculty of Engineering Technology)又は
    サンテティエンヌ ジャン・モネ大学大学院(Faculty of Science and Technology)

3.修学期間(2年6か月)

2021 年 4月 ~ 2021年8月(本学において準備期間)

2021 年 9月 ~ 2022年6月(パートナー大学にて履修:9~12月:UEF,12~6月

:選択トラックによりUJM又はKUルーベン,7月~9月インターンシップ任意参加)

2022 年 10月 ~ 2023年3月(本学にて履修)

2023 年 4月 ~ 2023年9月(修士研究及び論文)

※新型コロナの影響により渡航が困難な時期はオンラインにて受講

4.募集対象

・本プログラムへの参加を希望し,豊橋技術科学大学大学院工学研究科博士前期課程 情報・知能工学専攻(4月入学)に入学が決定している者

・渡航時にヨーロッパ共通参照枠(CEFR)でB2レベル(TOEICスコア:785~940点相当)の英語力を保持していること

5.募集対象者

8名

6.出願スケジュール

出願期間:2020年11月13日(金)~ 12月15日(火)17:15まで(時間厳守)

学内選考(書類・面接):2020年12月21日(月)13:00~

学内選考採否通知:2021年1月29日(金)(予定)

7.出願方法

【1】下記Webより 出願フォームに必要事項を入力し提出(2020/11/13より回答可能)

https://survey.office.tut.ac.jp/limesurvey/index.php/993179?lang=ja

【2】コンソーシアムで定める以下の書類をメール添付で提出(原本は必ず保管しておくこと,提出データは合否の如何にかかわらず返却しません)

1:卒業証明書(または卒業見込証明書), 2:成績証明書(高等専門学校,本学), 3:推薦状2通, 4:履歴書(CV), 5:志望動機書(①IMLEX履修,②トラック用選択各1通), 6:パスポートのコピー(顔写真のページ), 6:パスポートサイズの写真1枚(解像度:640画素、横480画素以上を推奨)

※注意:●2の高等専門学校の成績証明書について各高専に成績証明書を請求する際、厳封の要不要が選べる場合は厳封不要で請求ください。厳封で手元に届いた場合でも本人が開封してPDFにして大丈夫です。(学内選考のため本プログラムに出願の学生については問題ありません。)

    ●本学にB1から入学の学生については、高等教育の証明書は不要です。

8.入学料及び授業料

IMLEXプログラム参加学生は,本学に入学料及び授業料を定められた期日までに本学規程に従い納付する。(欧州との協定によりパートナー大学への入学料及び授業料は発生しない。)

9.費用

【1】大学負担予定:渡航費, 海外旅行保険

【2】自己負担:滞在費, 在留許可証取得費用, 国内交通費

10.募集説明会

2020年 11月5日(木) 14:40~ URL: https://imlex.tut.ac.jp/application/post.html